08182022
Last update水, 17 8月 2022 7pm
>>

Asahi Photoproducts、EskoWorld 2022でプレゼンテーションを実施

CrystalCleanConnectを用いた製版の持続可能な自動化

発フレキソ印刷用感光性樹脂版開発のパイオニアであるAsahi Photoproductsは、6月7日から9日まで、テキサス州ダラスのGaylord Texan Resortで開催される EskoWorld 2022に参加いたします。印刷会社・コンバーターが環境に配慮しながらフレキソ製版することを可能にした、旭化成のフレキソ製版のあらゆるソリューションについて、同社の担当者が説明します。特に注目されるのはCrystalCleanConnectであり、フレキソ製版における12工程を1工程に短縮し、VOCベースの洗浄溶剤を使用しない世界初の画期的なソリューションです。高品質の印刷用版を1時間10分で提供し、オペレーターの作業時間を90%削減します。Esko社、Kongsberg社、Asahi Photoproductsのパートナーシップにより誕生したこの製品は、インダストリー4.0への移行を体現し、フレキソ印刷をオフセットやグラビアに対してより有利に位置づけるものです。CrystalCleanConnectはすでに3台が導入されており、製版工程にプレートカッティングを完全に統合した初めての例でもあります。

CrystalCleanConnectについて

CrystalCleanConnectの名称は、Esko社のCrystal製品群、旭化成のCleanPrint製品群、印刷フォーム制作のワークフローにおけるKongsberg社のカッティングテーブルといった後続装置との接続に由来しています。この共同開発では、旭化成の水現像製版のAWPTM に搭載されているCleanPrint技術を使用することで、VOCベースの洗浄溶剤を使用しない業界初のサステナブルな工程を実現しています。これまでにないほどの自動化により、すぐに取り付け可能な版を製版できます。CleanPrint技術により、大幅に印刷効率を向上させ、多くの場合、最大で40%の向上を実現します。また、水晶振動子技術により、インクの使用量を最大20%削減できます。CleanPrint技術の重要なポイントは、版がインクを放出しやすいように設計されていることで、版洗浄のための印刷機の停止がほとんどなく、印刷の開始から終了まで一貫した印刷品質を維持することができます。さらに、デジタルファイルを緊密にネストすることで、Kongsberg社製のテーブルによる正確なプレートカットが可能になり、版の廃棄物の削減をさらに10%実現しました。

CrystalCleanConnectは、完全なシステムを提供するために、高度に統合された複数のコンポーネントで構成されています。

Esko社のCDI Crystal XPS、旭化成のAWP CCC製版装置、Kongsberg社のインラインカッティングテーブルが含まれています。
UV LEDを同時に露光し、版床と印刷ドットの完全制御を実現します。
にAWPTMCleanPrint水現像製版の材料をセットして工程を開始し、印刷機に装着できる状態の版をエクジットテーブルで回収するまで、1人のオペレーターで行うことができます。
AWPTM水現像製版は、環境に配慮した製版工程を実現し、印刷効率を最大40%向上させます。

このシステムは、通信の中枢となるハブで結ばれており、終始一貫して工程を統合しています。

EskoWorld 2022の開催中、旭化成のテクニカルマーケティングマネージャーであるDieter Niederstadt 氏が、6月8日 3:30から以下のセッションでプレゼンテーションを実施します。「CrystalCleanConnectによる製版の自動化。」AWPTM水現像版の製版技術と自動化システムについて、なぜフレキソ製版の世界初の革命的ソリューションといえるのかについて十分に説明し、この1ステップのフレキソ製版ソリューションを利用するお客様の実際の体験談を紹介します。この革新的なソリューションや旭化成の他のフレキソ製品・ソリューションに関心を持つジャーナリストや来場者様に、Dieterをはじめとする旭化成の担当者が会場で応対します。

お客様の声

日本の大手印刷会社であるナベプロセス株式会社は、旭化成の水現像版「AWP™ CleanPrint」と従来の溶剤型プレートを比較し、品質と生産性の違いを測定しました。AWP™版を1年以上使用した結果、従来の溶剤で開発されたフレキソ版と比較して、印刷品質と生産性の大幅な向上が見られたと報告されています。これには、製版準備の時間短縮によるコスト削減とサイクルタイムの短縮、版洗浄のための印刷機の停止の減少、基板廃棄物の減少などが含まれます。「AWP™版は、高い版面寸法精度と安定した印刷再現性を特長としています。さらに、溶剤を使用しないため臭いがなく、製版室やプレスルームも快適で、スタッフの環境にも大変満足しております」と、ナベプロセス株式会社フレキソ事業部長の中康夫氏は述べています。さらにこのように付け加えています。「2021年3月には、旭化成と ESKO 社が共同開発した全自動製版装置『CrystalCleanConnect』を導入しました。これにより、オペレーターの作業時間やミスを減らし、より速く印刷用版を生産できるようになり、全体的な品質と生産性が向上しました。この結果を受け、当社ではフレキソ印刷用版をすべてAsahi AWP™水現像CleanPrint製版に変更し、CrystalCleanConnectを使って生産しています。当社の品質や納期が、これまで以上にお客様に喜んでいただけるものと確信しています。CrystalCleanConnectには大変満足しています。ナベプロセス株式会社は、世界で初めてCrystalCleanConnectを導入しました。」

2 台目はShanghai Hengze Printing Companyに設置されました。「Asahi AWP™ CleanPrint水現像フレキソ版を導入してから、過去2年にわたり、際立った印刷品質の改善が見られました」と語ったのは、Hengze社創立者のLi Xiaocheng氏です。「CrystalCleanConnectが当社のオペレーションにもたらす付加価値を理解したら、もう導入を待ちきれませんでした。この生産性の高い、独創的かつ革新的なソリューションの草分け的存在になることができて、大変光栄です」
、www.asahi-photoproducts.com

 

comments

Related articles

  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 5494人 と メンバー0人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.