08182022
Last update水, 17 8月 2022 7pm
>>

高度に自動化されたアートワーク校正により、最終アートワークの段階ですでに100%の品質を実現

変化の激しい小売業界において、常に新製品や品種、特別なプロモーションを開発し、洗練されたパッケージデザインを要求するためには、最高の品質を維持しながらも、非常に柔軟な対応が求められます。ミスのリスクが高まることは、しばしばこのことと密接に関係しています。

パッケージのアートワークとリプロダクションの分野でフルサービスを提供するPackpool medien GmbHは、まさにこの課題に直面していました。20年以上にわたって、消費財や医薬品分野の国際的な有名企業を対象に、パッケージング開発と印刷技術導入の全段階を2カ国でサポートしてきた老舗企業です。パックプールは、お客様の品質基準を満たし、プリプレスの品質管理をより効率的に行うため、完全クラウド型の新しいテキスト比較・アートワーク校正システム「EyeC ProofText」の第一弾を、アイシー社と共同で試験的に導入しました。
課題
製品のライフサイクルや開発サイクルが早く、顧客のアートワークが頻繁に変化し、また、広範な栄養補給が必要な場合
課題 製品のライフサイクルが早く、顧客のアートワークが頻繁に変更され、さらに栄養価や成分表示も多岐にわたるため、パッケージングアートワークの作成は著しく複雑化し、それに伴うエラーのリスクも高まっています。高い品質基準を維持するために、Packpool社は当初、時間とコストのかかる品質チェックと頻繁な手作業による調整で対応していました。しかし、既存の技術では、結果が100%エラーフリーではなく、また膨大な手作業を必要とするため、すぐにスタッフのフラストレーションが溜まってしまいました。アートワークの品質をさらに高め、チェックプロセスを効率化し、標準化されていない顧客データを扱う際の潜在的なエラーを排除するために、Packpool社はプリプレス段階での逸脱を早期に自動検出できる信頼性の高いソリューションを探していました。同時に、新しいツールはできるだけ時間をかけずに簡単に使えること、そしてホームオフィスなど特定の場所に縛られずに使えることが必要でした。
革新的なソリューション
テキスト比較システムの主要なプロバイダーを詳細に評価した結果、Packpool社の創業者兼マネージング・ディレクターであるThomas Johner氏を中心とするチームは、EyeCを適切なパートナーとして即座に決定したのです。「アートワークの文字検査には、オペレーターによる手作業の手直しを最小限に抑えることを主眼とした、成熟した完全自動化ソリューションが必要でした」とJohner氏は言います。両社はすでに、長年にわたる対等なパートナーシップを築いていると言えるでしょう。Packpool社ではこれまでにも、ピクセルベースの修正管理にEyeC Proofiler Graphicを使用しており、その利点と良好な結果はよく知られていた。「EyeC社とは長年の付き合いであり、同社の強力なポートフォリオと健全なノウハウを高く評価しています。EyeCは、製品管理やサービスとの絶え間ないやり取りを通じて、私たちのゼロ・エラー・ビジョンを実現するためのカスタマイズされた革新的なソリューションを提供してくれました」と常務取締役は続けます。
パーフェクトフィット
現在、パックプールは、EyeCの専門家チームのサポートを受けながら、EyeC ProofTextを使用しています。
高度に自動化されたWebベースのアートワーク校正システムは、さまざまなテキストソース(主にHTMLブリーフィング)と、最終アートワークファイルのPDFやプルーフなどの他のファイルを比較するものです。インテリジェントなアルゴリズムが、複雑なブリーフィングでも、位置、構造、スタイルに関係なく、テキストの内容やフォントを含む文書間の不一致を、たった1つのプロセスステップで発見し評価します。直感的な操作性と革新的なユーザーインターフェースにより、複雑な文書のレビューと評価を効率的に行うことができます。また、複数の文書や異なる言語を同時にチェックすることで、コストのかかる時間を節約することができます。ProofTextは、完了したジョブごとに、追跡と品質保証を目的としたレビューレポートを作成します。これらの機能はすべて最終的なProofTextソリューションに統合され、長いレビューサイクルを短縮し、Packpoolのプリプレスプロセスを加速させることを保証しています。
プロジェクト期間中、EyeCはProofText導入のための遠隔技術サポートを提供しました。「EyeCが他のプロバイダーと違うのは、サポートのレベルの高さです。一定時間ごとに集中的にやり取りすることで、自発的に発生する質問にもいつでも答えられるようにした。また、私たち自身のアイデアも提供することができ、EyeCはそれに素早く、そして分かりやすく対応し、実行に移しました。パックプールの顧客コンサルタントであるオリバー・グラットは、「私たちは、チームの一員になったような感覚でした」と強調する。
結果
これまで低かったエラー率をさらに下げ、自動化されたプロセスによって時間のかかる手戻りを最適化するという主目的を見事に達成しました。現在までにPackpool社では、高度に自動化されたテキストマッチングと第一級の使いやすさのおかげで、アートワークの品質が大幅に改善され、個々のワークフローの効率も大幅に向上しているとのことです。「クラウドベースのアプリケーションとして使用することは、従業員のかなりの部分がまだ分散して働いているため、間違いなくプラスになります」とJohnerは言います。また、タイ語や中国語など、より複雑なアジア言語を含む多言語対応や、アラビア語やヘブライ語など、右から左への言語チェックも、品質向上に貢献しています。チームは、各テスト終了時の包括的なレポートを、クライアントへの資料として、また自分たちのセキュリティのために使用します。これらの要素が、複雑な引継ぎを減らし、新しいパッケージをお客様にお届けし、市場に出すまでの時間を短縮することにつながっています。AUGUST STORCK KGのようなPackpoolの古くからのお客様も、EyeC ProofTextの利点にすぐに納得されたようです。「EyeC ProofTextを統合してからは、毎日100%の品質を提供することに自信が持てるようになりました。この革新的なデジタル制御とそれに伴う品質保証は、私たちとお客様にとって大きな付加価値となります」とグラットは付け加えます。
現在、プリプレス部門とワーク準備部門において、3名の社員が日々の品質管理ツールとしてEyeC ProofTextを使用しています。最初のブリーフィングから中間チェック、最終仕上げまで、すべてのアートワークがEyeC ProofTextでチェックされます。「それ以前に、作品が家から出ることはありません」とジョイナーは言う。その結果、すべての修正を含めて、通常2回のチェック(最終アートワーク→ブリーフィング、最終アートワーク→最終アートワーク)が行われることになります。つまり、ProofTextを自在に使いこなすことで、チェックの回数を再び減らすことができるのです。「デジタルワークプロセスとワークフローへの導入はスムーズに進みました。同時に、品質も高めることができました。
デジタルチェックにより、アートワークの品質と品質管理のプロセス構造を大幅に最適化することができます」とGlattは述べています。
次のステップ
次のステップとしては、ProofTextを姉妹会社のPackpool Swissに展開し、医薬品のパッケージやリーフレットを中心に展開する予定です。また、ProofTextの継続的な開発により、今後提供される予定の機能も利用する予定です。さらなる価値創造とプロセスの最適化の可能性が残されています。「EyeC ProofTextは、市場で最高の品質を提供し、高い要求を満たすという当社の主張を強調するものです。校正と印刷用テンプレートの開発段階において、国際的に新しい基準を設定する革新的な技術です」とJohnerは言います。"パイロットプロジェクトに参加し、3月からこのシステムが通常使用されていることを誇りに思います。"

www.eyec.com

 

comments
  • Latest Post

  • Most Read

  • Twitter

Who's Online

ゲスト 5310人 と メンバー0人 がオンラインです

We use cookies on our website. Some of them are essential for the operation of the site, while others help us to improve this site and the user experience (tracking cookies). You can decide for yourself whether you want to allow cookies or not. Please note that if you reject them, you may not be able to use all the functionalities of the site.